~服と自分がどう向き合うか~

 

「結局、どんなことがあったとしても、
自分自身がどう洋服と向き合うのかということなんだよね。」

15年以上のキャリアのあるデザイナーの女性が
「自信がないんです。」と、転職に不安になる
既卒2年目の彼女に伝えた言葉。
とても強く、深い言葉だと感じました。

例えば、

・ 周りに否定された
・上司に嫌味をいわれた
・失敗して怒鳴られた
・時代が変わってリストラされたなど、

否定的に捉えたくなるような状況に遭遇したとしても

自分が大事にしていることは変わることはないし
思いや考えや経験は誰にも奪われることない。と。

そういう意味なんだと思います。

(どのような業界もそうだと思いますが。)

特に、華やかに見えるファッション業界、

携わる者は
「好き」だけではやっていけないのが現実の世界です。

その中で、何年もアパレルで生き残る人とは

限られた自分の時間を、どれだけ服と向き合うことに費やしてきたか。
ということなんだと思います。

培った”経験”は誰にも奪われることなく、
途切れることはなく

続いていく。
私は、彼女にアパレルで働く女性の強さを感じました。

自分なりの哲学を持って突き進む力を持つたくましさ。

これが新人と中堅キャリアの”差”
なのかもしれませんね。
まずは行動。とにかく飛び込んでみる。

自分の信念は忘れぬことのないように。

ふかふか〜


コメントを残す




6 − 6 =