【転職ケース①】~時代の流れに合わせ  自分の強みを活かせる企業への転職が成功~


<<40代 男性 服飾雑貨 営業職 Aさんの場合>>

 
ストールやマフラーなどの巻物業界(服飾雑貨)での営業職に携わり、大手企業・メーカー、百貨店との人脈を築き、これまで20年以上一途にキャリアを積まれてこられたAさんは、時代の変化とともに、不景気に歯止めがきかなくなってしまった業界での今後のキャリアに悩んでいました。

その後、家庭を支える身として、転職をせざるおえなくなってしまったAさんは一度は他業界に転職したものの、やはり自分の強みを活かせるストールやマフラー業界の営業職での就業を望んでいました。
 
アパレルコンシェル登録当時は、希望が叶う求人があるはずないという考えが強く、ただ漠然と相談を聞いてもらおうという気持ちだったといいます。
 
『強みを活かして働きたい。しかし、時代の流れとともに求人が少ない。』
 

そういう現実と理想のギャップでの悩みは時代の流れに左右されやすいアパレル業界ではよくあることですが、

アパレルコンシェルでは、テキスタイル業界でのスペシャリスト、また長年の人財業界を営んできた経験からの幅広い人脈があり、非公開の求人が多いのが特徴です。

 

現代では、原料を生み出すことができない国内メーカーは不景気ですが、原料を生み出すことのできる中国の大手メーカーは好景気。

日本に進出し直販する動きが活発化しているところに目をつけていたコーディネーターは、Aさんに、日本で活躍する営業力・企画力を欲している中国大手企業の求人を紹介しました。

 
コーディネーターに相談したことで、
『もやもやがすっきりした。視野を広げて考えることができた。』とAさんはいいます。
 
専門的な知識と業界との人脈があるからこその求人を紹介してもらい、

結果的に、「自分の強みを活かした仕事をしたい。という希望を叶えた
転職先」に就職することができました。
今回Aさんの転職が成功した要因はこれまでの地道に積まれた確実なキャリア

相談するという行動力だったと思います。

アパレルコンシェルのコーディネーターは

単に転職先を紹介するのではなく、個人が活躍でき、企業ともWIN・WINな関係になれるそんな出会いを提供していきたい。と思っています。

~アパレルコンシェルでの大きな2つの出会い~
◆新たな求人との出会い
◆業界のことを理解してもらえるコーディネーターとの出会い

 

アパレル業界は狭い世界です。
経験が長いほど人脈はどこかでつながります。
つまり、一生懸命やっていれば培った知識や技術・経験は、かならず誰かが見てくれ評価してもらえる業界なのですね♪
 
悩んでるからこそ話をしてみる。
 

あなたの日々にあなたらしい選択ができますように♪

 ふかふか~*

コメントを残す




twenty − five =